水漏れ修理後に料金の支払いを行う

水漏れ修理を依頼するときの流れとしては、最後に料金を支払うのが一般的です。たとえ出張料や見積もりの料金が必要でも、最初に支払い請求をしてくるような業者は信頼できません。直っているのを確認してからでなければ、支払いをする必要はありません。

■提示は最初で支払いは最後

水漏れ修理を行った場合の料金というのは、依頼する前に提示をして顧客が了承し、修理をして直っているのが確認できてから支払いをするのが一般的です。これはどこの水道業者でも同じことだと言えるでしょう。見積もりと同時に料金を支払うような業者はないでしょうが、もしあったら依頼をするべきではありません。きちんと仕事をして、間違いなく直っていることを双方で確認してからでなければ、料金は受け取らないように通常は教えられているはずです。

■顧客側から料金を差し出しても受け取らない

信頼できる業者だからと言って、中には顧客の方から先に料金を支払っておくと言ってくる可能性はあるでしょう。しかし、普通の業者であれば、修理をして直ってから支払ってくださいと告げるのが一般的です。なぜなら確実にその場で修理が完了するとは限らないからです。場合によっては修理に時間がかかる場合や、工事が必要になるケースもあるので、最初に料金を受け取るというのは、顧客からの申し出があったとしても断るのが一般的な業者です。

■まとめ
電話をして自宅まで来てもらい、水漏れ状況の確認と見積もりを行ってもらいます。それから依頼があれば修理を行い、直ったのが確認できてから料金を支払うというのが水漏れを修理したときの一連の流れになっているので覚えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ