水漏れの修理個所と原因を顧客に説明する

修理が終了したら、何が原因で水漏れを起こしていたのか、どのような修理を施したのかを説明するのがよい業者です。確かに専門的なことなので、顧客には理解できない部分もあるでしょうが、それでもきちんと説明をすることで、より安心できるのです。

■原因の説明

水漏れをするということは、必ず原因が存在しています。その原因を修理後にきちんと顧客に説明するのがよい業者だと言えるでしょう。例えば台所の蛇口の付け根から水が漏れていたとします。この場合には、パッキンがすり減っていたので水漏れを起こしていたときちんと説明するのが普通です。古くなって錆びついていたため、穴が開いて水漏れをしていたなど、わかりやすく説明することも大切だと言えるでしょう。そうすれば顧客も原因を知ることができますし、信頼できる業者だと感じてもらえるのです。

■修理個所も説明する

水漏れをしている原因を説明したら、パッキンを交換した、配管が錆びていたので一部交換したなど、どのように修理をしたのかを説明してもらえれば顧客は安心できます。交換した部分の配管やパッキンなどを顧客に見せて説明してくれればなおよいと言えるでしょう。このような丁寧な接客というのは、水道の修理だけではなく、他の業者に来てもらった場合でも同じことが言えます。わかりやすく説明することも、技術力や知識が高いと認めてもらうためには必要です。

■まとめ
修理して水漏れが改善されればそれで終わりではなく、次回も何かトラブルがあった場合には依頼してもらえるような接客をしてくれる業者は信頼できます。だからこそわかりやすい水漏れの原因や修理個所を説明してくれることが重要になるのです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ