水漏れ箇所や修理個所の点検を行う

水漏れが発生して業者に来てもらったら、まずどこのから水漏れが発生しているのか、どのように修理をするのかを確認するための点検を行います。点検は素早く行うのが基本なので、もたもたしているような業者だった場合には、次からは依頼しない方がよいでしょう。

■点検の段階で応急処置をしてくれるのがよい業者

水漏れというのは1分1秒を争うと言っても過言ではありません。そのため、点検の段階で応急処置を行い、一時的に水を止めるのがよい業者だと言えるでしょう。ただ水道管と蛇口の接続部分が緩んでいただけなど、簡単な作業だけで解決できるような場合には、点検の段階で修理も同時に行ってしまうことが多くなっています。ちなみにパッキンの交換などが必要な場合には、応急処置を行ってから顧客にいろいろと説明をすることが多いでしょう。

■この時点で料金を取る業者はNG

水漏れの修理をしてもらえば、当然料金の支払いが発生します。しかし、点検の段階で料金の支払いが発生することは通常ありません。業者によっては出張料や点検料と称して料金を徴収することもあるのですが、このような業者はおすすめできません。事前に料金が発生すると言わなかった場合には、支払うのは止めるべきです。あくまで業者に来てもらい、最初にやるべきことが点検なのです。そうしないと見積もりを出すことができず、顧客から料金をもらうこともできません。

■まとめ
水漏れ修理を行う流れで、連絡をして自宅まで来てもらったら、最初に行うことが確認と点検になります。この作業をおろそかにする業者は存在しないのが一般的です。それから見積もりを出し、顧客に了承をもらってから水漏れの原因が給湯器なら給湯器 修理などの作業に取り掛かります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ